バイクの自賠責保険と任意保険の違い

バイクの自賠責保険と任意保険の違い

 

 

バイクの自賠責保険と任意保険の違いを知るためにまず自賠責保険がどういう保険なのかを説明します。

 

 

自賠責保険

 

バイクに乗る時には、必ず自賠責保険に入る必要があります。これは、強制保険で入らずにバイクを運転すると刑事処分として「1年以下の懲役 or 50万円以下の罰金」、行政処分として違反点数6点で免許停止処分となります。加入してないだけでこれだけの罰則があるのには、理由があります。

 

 

その理由とは、自賠責保険は、あくまでも事故の被害者やその遺族を救済するのが目的だからです。事故で相手が死亡したり、後遺症が残った時にバイクの運転手が払えない額の賠償金であっても自賠責保険に加入することで最低限のお金が被害者側に確保できるのです。

 

 

ここで自賠責保険についてポイントを抑えておきましょう。

 

 

自賠責保険は、他人のため

自賠責保険は、運転者自身に対しての保険金は、一切ありません。他にも相手の車の修理代や自分で建物に突っ込んで壊した時の修理代なども一切ありません。あくまでも交通事故による被害者を救済するためのもので対人賠償を確保することが目的です。

 

 

自賠責保険の支払い限度額

自賠責保険の支払限度額は、下記のようになっています。

 

死亡による損害 ⇒ 3000万円まで
後遺症障害による損害 ⇒ 4000万円まで
怪我による損害 ⇒ 120万円まで

 

この限度額で実際事故を起こして法律上の損害賠償責任を負うことになった時に、賠償金の全てが払えるかが問題です。しかし、現状では、足りないことが多いです。最近は、どんどん賠償額も増えてきていて1億円を超えることもあります。そして足りない分は、自分で払うしかないのです。そこで重要になってくるのが任意保険です。

 

 

任意保険

 

任意保険には、自賠責保険のように他人のための保険と自分のための保険があります。

 

 

他人のため

 

身体に対する保険

任意保険の役割としてまず自賠責保険で支払われる保険金を超える部分に対して支払われる対人保険があります。任意保険に入っておけばものすごい額の賠償責任をおってもそのお金は、保険会社から支払われます。最近の死亡事故や後遺症が残る事故の賠償金は、自賠責保険で支払われる限度額を超えるケースがよくあります。

 

 

物に対する保険

他にも他人のために支払われる対物保険があります。自動車、自転車、ペット、建物、ガードレールなどの他人の所有物に損害を与えて法律上の損害賠償責任を追った場合に対物保険に加入していれば保険金が支払われます。対物保険は、他人の所有物が対象となり、自分の所有物は、対象になりません。

 

 

 

自分のため

 

身体に対する保険

人身障害保険と搭乗者障害保険があります。人身障害保険は、自分の過失割合にかかわらず治療費の全額が支払われます。相手がいない事故でも十分な補償を受けられます。搭乗者障害保険は、運転者を含めてバイクに乗っている人が死亡したり怪我をした時に補償される保険です。保険金の支払い方法としては、入院1日で何円、通院1日で何円という方法で算出される日数払いと保険会社が予め設定した金額を受け取れる部位・症状払いの2つがあります。

 

 

 

物に対する保険

事故で自分のバイクが損害を受けた時に修理費を補償してくれる保険です。自損事故でも相手がいる事故でもバイクの損害を車両保険でカバーできます。

バイクで高額査定を引き出す方法

バイクで高額査定を引き出す方法は、とても簡単です。2社以上に査定を依頼しましょう。あとは、査定に来た業者全てに「他にも査定をお願いしているので高い方に売ります!」と言うだけで限界の査定額を引き出せます。バイク買取専門業者の業界規模上位2社がバイク王とバイクランドです。


バイク王で無料査定をしてみる



バイクランドで無料査定をしてみる