バイク(251cc以上)を友人に譲る場合の手続き

バイク(251cc以上)を友人に譲る場合の手続き

 

 

251cc以上のバイクを小型二輪車といいますが小型二輪車を友達に譲る場合の手続きは、下記の3つの状況によって手続きが変わってきます。

 

 

@車検があってナンバーがある場合
A車検が切れていてナンバーがある場合
B廃車されている場合

 

 

@車検があってナンバーがある場合
名義変更をすればすぐ乗ることが出来ます。買い手の住所の管轄の陸運支局で手続きしましょう。

 

 

A車検が切れていてナンバーがある場合
名義変更をしても車検を通さなければ乗れません。

 

 

B廃車されている場合
中古車新規登録が必要です。

 

 

 

売り手が用意するものは、下記の7つ。

 

 

  1. ナンバープレート(管轄が変わる場合)
  2. 自動車車検証
  3. 印鑑
  4. 自賠責保険(有効期限が残っている場合)
  5. 譲渡証明書
  6. 委任状
  7. 軽自動車税納税証明書

 

譲渡証明書と委任状は、売り手が名義変更の手続をしない場合に必要です。買い手に譲渡する意図があり、手続きを委任することを証明する書類が必要です。2つともインターネットで検索してテンプレートを見つけてプリントアウトして記入しましょう。

 

 

 

買い手が用意するものは、下記の5つ。

 

 

  • 印鑑
  • 住民票
  • 自動車検査証記入証明書
  • 軽自動車税申告書
  • 手数料納付書

 

軽自動車税申告書と手数料納付書は、陸運支局で手に入れます。軽自動車税申告書は、軽自動車税の申告をするために必要です。

 

 

ちなみにナンバープレートが変わる場合は、600円くらい手数料が必要です。名義変更だけなら無料です。

バイクで高額査定を引き出す方法

バイクで高額査定を引き出す方法は、とても簡単です。2社以上に査定を依頼しましょう。あとは、査定に来た業者全てに「他にも査定をお願いしているので高い方に売ります!」と言うだけで限界の査定額を引き出せます。バイク買取専門業者の業界規模上位2社がバイク王とバイクランドです。


バイク王で無料査定をしてみる



バイクランドで無料査定をしてみる